亀頭増大,早漏治療,包茎手術や包茎治療は評価、評判、口コミがトリプルAの美容外科ABCクリニックへ


包茎とは、男性の陰茎の亀頭部分が包皮に覆われている状態のことです。
包茎の種類は大きく分けて3つ、真性包茎、仮性包茎、カントン包茎の3種類に分けられます。

ホーム >> 包茎治療

包茎治療

男性の陰茎の先端にあたる亀頭部分は、子供の頃は通常は包皮で覆われています。
成長するにつれて、だんだんと包皮がめくれてきて、亀頭部分が露出してくるものです。しかし、大人になっても亀頭部分が包皮に覆われていることがあります。これが包茎です。
包茎は、亀頭部分が包皮にどのように覆われているか、手でむいたときにどのようになるかによって、大きく3つに分かれます。一度、ご自身のペニスがどのような状態になっているのか、ご確認ください。
※包茎の詳しい状態については、自分で判断をするのではなく、クリニックでの診察をお勧め致します。


包茎の種類

包茎の種類は、以下の「真性包茎」「仮性包茎」「カントン包茎」3種類に分けられます。


真性包茎

真性包茎真性包茎とは、亀頭部分に常に包皮がかぶっている状態を言います。
亀頭部分を覆っている包皮を手でむこうとしても、容易にむけず、亀頭部分が露出できません。 包皮の向ける部分が亀頭よりも小さく窮屈なため、無理に剥こうとすると、包皮を傷つけたり激痛が走ることがあります。


マイナスポイントは・・・

包皮の開口部が狭いため、排尿が困難になるケースもあります。
ほかにも、包皮と亀頭部分の間に恥垢がたまりやすく、そのまま外にも出にくいため、そこで雑菌が繁殖しやすくなり衛生的にも悪い状態となります。 臭いもきつくなります。


仮性包茎

仮性包茎日本人男性の多くが程度の差はあるものの、仮性包茎であると言われています。
包皮は引っ張ると伸びることがあり、ペニスの長さに比べて包皮が長く多い状態になると、亀頭部分を包皮が覆ってしまうため、包茎となります。 仮性包茎の場合は、通常は皮をかぶっていますが、勃起した時に亀頭部分が露出します。


マイナスポイントは・・・

真性包茎と同様に包皮と亀頭部分の間に恥垢がたまりやすいので、衛生的によくありません。 日頃から入浴時などに、皮をむいて包皮の内側部分を洗うことで、清潔に保て、雑菌の繁殖を抑えることもできます。


カントン包茎

カントン包茎カントン包茎は、うっ血や痛みをともなうことが多く、できるだけ早めの治療、手術を必要とするものです。 勃起したときに、通常より激しく締めつけられるため、痛みも激しくなる場合があります。 放っておくと、亀頭部分が腫れあがることもあり、その場合は、病院での診療が必要となります。



マイナスポイントは・・・

包皮と亀頭部分の間に恥垢がたまりやすい点は、仮性包茎と同様です。 それに加えて勃起時の締め付けは、深刻なケースになる場合もあります。亀頭部分のうっ血から組織細胞の壊死を引き起こす場合もあります。

ABCクリニックの包茎治療とは?

一生に一度の事なので、あせらずに治療をしていきましょう。

包茎治療は、外科手術での治療と合わせて、男性の自信を取り戻すための治療でもあります。そのため、ABCクリニック新宿院での包茎治療では、治療前のカウンセリングを重視しています。
ABCクリニック新宿院のコンセプトは、患者様と一緒に考えながら治療していくことです。治療を受けられる際の悩みや不安に思っていること、疑問、質問などございましたら何でもご相談ください。専門のカウンセラーが時間をかけてじっくり対応させていただきます。


ABCクリニック新宿院では、最新の機材を用いて充実した治療をしています。
また自由診療でも良心的な価格設定にしています。 治療内容も良く費用も安価なことから、患者様に十分ご納得いただいています。

患者様の体の悩みというものは、周囲の人にはなかなか相談しにくいものです。 ABCクリニックでは、専門のカウンセラーがそのような悩みや不安に対して一つ一つ相談に乗って考えることで、患者様と一緒に解決していく体制を整えています。

ABCクリニック新宿院の包茎治療では、手術前のカウンセリングに力を入れることで、患者様一人一人にの体や希望に合った治療法を見つけることが可能となっています。
さらに、最新の治療設備を導入しているので、安全に手術ができます。
治療に関しては、安全を考えて、すべての面できめ細やかな対応を心がけています。

ご相談はお気軽にどうぞ!


ページ上部へ